『硫黄島からの手紙』『HEROES』『ラストサムライ』に出演した俳優・尾崎英二郎 公認/ファン私設応援サイト

最新情報(2013年)

2013年情報

短編映画『LIL TOKYO REPORTER/リトル・トーキョー・リポーター』
で、助演男優賞を受賞!!

20130419-1.jpg

20130419-3.jpg

加州外人土地法:排日土地法をなくし、日系人の人権を確立させるために1900年代初頭に奮闘した藤井整さんの生き様を切り取って描いた本編は、若き中国系アメリカ人監督、70代の日系三世の女性(エグゼクティブ・プロデューサー)、オスカー受賞経験者であるの日系三世の俳優のコラボレーションによって生まれました。

製作:藤田キャロル文子

監督:ジェフリー・ジー・チン
主演:クリス・タシマ(「ビザと美徳」アカデミー賞実写短編賞)
共演:ケイコ・アゲナ(「ギルモア・ガールズ」)
   安東生馬(「硫黄島からの手紙」)

昨年プレミア上映を迎えた本作が、米国のアジア系の映画祭において助演男優/助演女優/撮影監督/作曲の4部門(ショート)で同時受賞を果たしました。

アジアン・オン・フィルム・フェスティバル・アワード
Asians On Film Festival Awards - Winter 2013
http://www.asiansonfilm.com/2013/04/asians-on-film-festival-awards-winter-2013/

助演男優賞
"BEST SUPPORTING ACTOR" in short

2013冬期の選考で受賞。

尾崎の役柄は ”佐藤”、リトル東京で酒場の経営を乗っ取られた男。
藤井整との出会いがきっかけで、生き方を見つめ直すまでを演じます。
本作では、日本語セリフの監修も担当しました。
   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

20130419-2.jpg

~尾崎本人コメント~

短編映画というのは、世間に知られる機会がなかなか無い中で、米国のアジア系の映画コミュニティーで演技を認識されることは、非常に嬉しく、励みになります。
製作チーム、共演者、支援スポンサー、映画を見て下さった方々に感謝し、さらに大きな枠組みでも様々な作品やコミュニティーに貢献できるよう頑張っていきます。

  
(04月19日更新)




20130219-1.jpg

3年連続、アカデミー賞中継のインタビュアーに任命!!
今年は中野美奈子さんと、レッドカーペットの興奮を伝える。

20130219-2.jpg

米国ロサンゼルスのドルビー・シアターで、米国時間2月24日(日)に行われる

『第85回アカデミー賞授賞式』
http://www.wowow.co.jp/extra/academy/

今年も尾崎がレッドカーペットから、スターたちの声を生中継でお届けします。
本年度は、元フジテレビアナウンサーの中野美奈子さんという強い味方がパートナー。
この模様は、今月25日(月)午前9時からWOWOWプライムにて生中継されます。番組の司会は今年もジョン・カビラさんと高島彩さん。

本国の授賞式の司会は、『テッド』『ファミリー・ガイ』のクリエーターとして人気の高いセス・マクファーレン!!

現在決定している本年度授賞式のプレゼンターは次の通り。

メリル・ストリープ、ジャン・デュジャルダン、オクタビア・スペンサー、
クリストファー・プラマー、ロバート・ダウニー・Jr. 、サミュエル・L・ジャクソン、
クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナー、
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シャーリーズ・セロン、チャニング・テイタム、
ダニエル・ラドクリフ、リチャード・ギア、レニー・ゼルウィガー、
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、クィーン・ラティファ、サンドラ・ブロック、
ニコール・キッドマン、リース・ウエザースプーン、ハル・ベリー、
ジョン・トラボルタ、リーアム・ニーソン、メリッサ・マッカーシー、
サルマ・ハエック、等々…

過去の受賞者たちや、人気の若手俳優たち、昨年映画界を沸かせた『アベンジャーズ』出演者など、豪華な面々が並びます。

さらに『アルゴ』のベン・アフレック、『ゼロ・ダーク・サーティー』のジェシカ・チャステイン、『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンスら、本年度のノミネート者たちもプレゼンターとして登場の予定です。

    ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

〈尾崎コメント〉

今年で、レッドカーペットのリポートに挑むのは、3年目になります。

20130219-4.jpg

毎年、監督や俳優・女優陣から、その作品、その人ならではのコメントを引き出そうと、ほとんどのノミネート作品を見てから授賞式当日に臨む訳ですが、それらの作品群を見る度に、どれほど巧みな演技力なんだ、どれほど多くの素晴らしい仕上がりなんだと、スタッ フや俳優たちのハイレベルの実力に圧倒されます。

そしてカーペットの上で彼らと出会う一瞬一瞬は、世界的に評価されているスターたちが、いったいどのような態度で報道陣と向き合うのか、その姿勢、存在感、気さくさを僕自身が肌で学ぶ、最高のレッスンでもあります。

本年度「最高のエンターテインメント」を見せてくれた彼らの仕事に対して、僕も映画業界にいる1人として、抜かりの無い準備と深い敬意をもって、インタビューに向かいます。

米国映画界、最大の祝典の興奮を、皆さんにたっぷりお届けします。
  
   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

20130219-3.jpg

番組公式ブログ:http://blog.cinematoday.jp/academy/

ニュース:http://dramanavi.net/news/2013/02/85.php
(第85回アカデミー賞レッドカーペット・リポーターは、
中野美奈子&尾崎英二郎!)

最新コラム:http://dramanavi.net/column/2013/02/post-210.php
「僕がレッドカーペット・インタビューに挑むこれだけの理由」

そして、事前番組『第85回アカデミー賞 直前大予想』では、
番組のナビゲーターを務めます!!
(WOWOWで無料放送)

授賞式直前、2月23日(土)午後1時から放送の特番では、オスカーの行方を日米の評論家が徹底予想。

LAタイムズの人気映画批評家ケネス・トゥラン氏に尾崎が迫ったインタビューもお届けします!!
主要6部門をトゥラン氏とともに徹底予想します。
授賞式直後にスターたちをもてなす晩餐ガバナーズ・ボールの今年のデザインや料理メニューもご紹介する盛り沢山の1時間です。
http://www.wowow.co.jp/extra/academy/onair/

24日夜、25日早朝にも再放送あり!

この特番は無料放送ですので、BSの視聴環境がある方ならどなたでも見れます。
放送時間の詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102582/

事前リポート、そして授賞式当日の生中継、どうかご期待下さい!!

(02月19日更新)




powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional